多頭飼いの家庭におすすめの安いキャットフードを比較してみた


多頭飼いの家庭では、キャットフードをできるだけ安くしたいと考えているのではないでしょうか。
そこで、市販されている安いキャットフードを調べてみました。

安いキャットフードとは、市販されている安価な商品のことです。
大袋入りで売られているため、多頭飼いの家庭でも買いやすいのではないでしょうか。
たとえばフリスキー、ねこ元気、キャラット、ミオ、ピュリナワン、銀のスプーンなどです。
ピュリナワンキャットフードの評判はいいようですが、他の商品はどうなのでしょうか。
安いものは穀物の量が多いことがわかりました。
また、肉類では原材料費を安くするため、家禽ミールが使われているものが多いようです。
値段に差が見られるのは、たんぱく質の割合です。
穀物をメインにして量を多くすると原価が安くなり、家禽ミールとはいえ量が多ければそれだけ値段が上がっていきます。
猫の健康を考えるならたんぱく質はある程度高くなければならず、安価なキャットフードのなかではピュリナワンの評価が高くなるのも納得でしょう。


Category: 生活