カフェインの1日の摂取量の上限ってどれくらい?


コーヒーやお茶に入っているカフェインって、眠気や疲労感を取ったり、集中力を高めたりと良い点があります。

しかし、カフェイン摂取で引き起こされる症状もあるため、1日の摂取量上限の目安があるんです。

今回は、カフェインの摂取量の上限について紹介します。

カフェイン摂取で引き起こされる症状は数多くあります。

めまいや心拍数の増加、興奮、不安や震え、不眠症、下痢、吐き気など。
また、長期間摂取し続けると更に重大なリスクの可能性もあります。

高血圧、骨粗しょう症、胎児の発育阻害など。

このリスクが、妊婦さんに制限が付けられる理由にもなっています。
気軽に飲めるコーヒーやお茶だけに、こんな重大なリスクを抱えているとなると少し見方が変わってしまいますね。

さて、今回メインでお伝えしたい1日のカフェイン摂取量の上限について。

 

妊婦さんは、200mg以内/日を目安にしてください。

 

子どもさんは体重で判断します。1kgあたり2.5mg以内/日としてください。

体重20kgであれば、50mg以内/日。30kgであれば、75mg以内/日の摂取量です。

 

そして、健康な大人は男性であれば400mg以内/日、女性であれば300mg以内/日を目安として摂取しましょう。

 

コーヒー150mlが一杯あたりとして、おおよそ90mgのカフェインが含まれています。

そうなると、男性であれば一日4杯、女性であれば一日3杯を目安にするようにしてください。
ダイエットにも効果あるカフェインレスの美甘麗茶はこちらからチェック!


Tagged with: 

Category: 生活